MENU
オンライン英会話記事

ノヴァキッド(NovaKid)

ネイティブ講師と教材の質が高い。先生と楽しく遊んでいるうちに英語が身に付く。

>>【小2が受講中】NovaKidを1年半受講した本音口コミ&体験談!

グローバルステップアカデミー

オンラインのインターナショナルスクールの本格派。毎日学べるコンテンツがいっぱい。

>>【小1が体験】グローバルステップアカデミーの本音口コミ!実力アップする子が続出

グローバルクラウン

日本語も通じるから初めてでも安心。未就学児の小さな子もOK!

>>4歳児が受講中!グローバルクラウンの本音口コミ&体験談

Kimini英会話

学研グループだから安心のクオリティ。英検対策コースで合格できる。

>>【小2が体験】Kimini英会話の英検コースを口コミ!メリット&デメリットも

オンライン英会話のお得なクーポン 詳しくはこちら

フォニックスの発音とは?詳しく解説!リスニングにも効果的

猫町さん

フォニックスを始めてから、子供が自分で英語を読みたがるようになってきたわ。
絵本だけでなく、字幕の英語もなんとなく分かるみたい。
それに聞き取りも上手になってきて、英語の歌やDVDも前より分かるって!すごいわ。

今回はフォニックス特有の発音について書いています。

フォニックスは書き文字と話し言葉を一致させるための方法です。

フォニックス発音をマスターすれば読むのがぐっと楽になりますよ。

さらに音を自分が正確に発音することができれば、不思議なことにリスニング力もアップ。

大人でも効果のあるフォニックス。ぜひお子さんと一緒にやってみて耳を鍛えてください。

目次

フォニックス発音一覧

まずは基本の42種類の音を表にしました。

A~Zのアルファベット26文字以外に、2文字で一つの音を出す17文字もあります。

ここではジョリー・フォニックスという方法を参考にしています。

アルファベット26文字

abcdefgh
ドゥフッグッハッ
ijklmnop
ジュロォパッ
qurtuvwxy
クッㇿオーテュッゥワクスッ
z
ズー

アルファベット以外の17文字

aieeieoaueshchth
エィイーアィオーユーシュッチュッス/ズ
ngooareroroiou
ウ/ウゥアーアーオーオィアゥ
みほ

カタカナだと正確には表現できないので、必ず動画や本で正確な音を確認して下さいね。効果が違いますよ。

口の形が分かりやすいのでおすすめな動画です。

フォニックス発音解説

詳しく主要発音の解説をしていきます。

ちなみこれらの文字は発音記号ではなくて、書き文字です。

書いた文字を見て、ネイティブの発音ができるようになるのがフォニックスなんですよ。

解説を読んだら、例単語で発音してみてくださいね。

<u>と<a>の違いレッスン!

どちらも<あ>という音ですが、ちょっと違います。

<u>は日本語のアに近く、<a>はもう少し口を開いて勢いよく言います。

例:ant, hat, umbrella, up

<f>と<v>の違いレッスン!

どちらも下唇を一瞬かみます。

あとは喉を震わせて、音が濁るか濁らないかだけです。


例:fish, flag, van, vegetable

<t>と<d>の違いレッスン!

どちらも上前歯の後ろ歯ぐきを舌で一瞬当てます。
と同様に、あとは喉を震わせて、音が濁るか濁らないかだけです。

例:tennis, tent, desk, drum

<r>と<l>の違いレッスン!

日本語の<ろ>という音は舌を上の歯ぐきにパンっと当てますが、

<r>は舌をどこにも当てずに発音します。

<l>は上前歯の後ろ歯ぐきを舌で当てます。

例:rain, rose, lick, lemon

<h>と<p>の違いレッスン!

どちらも破裂音といわれる音です。

日本語の<は>や<ぱ>とは異なり、手を口の前に当てて、

息が当たるくらい<ハッ><パッ>と言ってみてください。

お腹から息を出す必要があります。

例:hat, hop, pop, party

参考文献: ジョリーラーニング社 山下桂世子監訳『はじめてのジョリーフォニックス』

いかがでしたか?

ほんの触りですが、それぞれの違いがつかめたでしょうか。

これの発音が出来るようになるだけで、かなり英語らしい発音が身に付きます。

自分が発音できる音は聞くこともできるということ。リスニング力アップにも効果的です。

猫町さん

英語絵本を読むときにも気を付けて発音しようっと。
ネイティブみたいになっちゃうかも~

最後までお読みくださり、練習もしていただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次